• ホーム
  • NISAの投資は手数料に注意、塩野義製薬の薬に注目

NISAの投資は手数料に注意、塩野義製薬の薬に注目

考える男性

その口座で購入した株式の配当金などが非課税にできるということで、最初はNISA口座で株式投資を始める人が増えています。
もし非課税でないとしますと、復興特別所得税を除いて20%が課税されるわけですからNISAを利用するとずいぶん得になります。
但し現在年間あたり120万円という限度枠があるのですが、しかし初めはあまりたくさんの額を投入するものではありません。
例えば定年退職した人で今まで株はやった事がなかったけれどもこれからやってみようという人は、ある程度の限度額が決まっていた方がいいですから、まずはNISA口座で購入していくのが適切です。

この時、問題になるのが手数料でして、予算を低額でやっているのに結局手数料で多くかかってしまうなら本末転倒です。
低くてすむところを探すとよいですが、中にはNISA口座は手数料無料という証券会社も見られますので、それを利用すると得です。
はじめに株に投資する時はやはりその会社で作っている製品になじみがあるところが安心です。

昔からその会社の製品を利用しているとすれば特徴や社風もよくわかるというものです。
著名な薬をたくさん生み出してきた塩野義製薬もその一つです。
塩野義製薬の安心な点は国民の誰でも知っているような有名な薬のほか、メタボやアンチエイジング、糖尿病や高脂血症といったこれからの社会に不可欠な新薬をたくさん開発していることです。

ですから株の投資先として非常に安心安定しています。
現在特に注目されていますのが新型インフルエンザ薬で、1日1回ですむという画期的な新薬です。
外国のインフルエンザ薬会社とも提携して研究が進んでいます。

また塩野義製薬は、300億円の自社株買いを行なうという発表でも好感を得ました。
自社株買いは1株あたりの価値を上昇させますので株主にとってはたいへん歓迎すべきことです。
株主還元を重視している塩野義製薬にはこれからも注目です。

関連記事