投資のコツ学ぶ

株式投資のコツを学ぶには、まず銘柄を選ぶことが重要となります。
銘柄選びとしてはネット株などの値動きの荒いものよりも、地味な株を選んだ方が上手くいく可能性が高まります。
値動きの荒い銘柄では、押し目買いや吹き値売りのタイミングが掴みづらい面があります。
そのため、株価の変動の小さい銘柄の方が堅実な投資が学べる機会が出てきます。

投資をする銘柄が決まった後には、実際に売買をしていくことで投資のコツを学んでいきます。
なお、始めに株式の売買を行う際には、最小単位での売買にしておきます。
投資の初心者では、様々な失敗を経験することになってきます。
そのため、損失を限定的にするために100株などの最小単位で売買をします。

なお、初心者では買ったつもりで実際には売買しないで、投資のコツを学ぼうとする場合があります。
しかし、投資は実践を通さないと真に学ぶことはできません。
そのため、実際に売買をして試行錯誤をする中で投資のコツを身に付けることが重要です。

株式の売買を繰り返していくと、自分の得意なパターンが分かるようになってきます。
得意なパターンが分かれば、そのタイミングだけで取引をすることで好成績を残すことが期待できます。
なお、自分の得意パターンを見つけるには、まずは株式の買いタイミングだけを重視するようにします。
上手く株式の買いのタイミングを図ることができれば、売りのタイミングはいつでも良くなってきます。

したがって、まずはベストタイミングで買いができるように集中します。
また、株式の買いでは1回だけの取引ではなく、分割をして購入するようにします。
分割で購入をすると、買い下がりや買い乗せといったテクニックを身に付けることが可能となってきます。

関連記事
人気記事一覧