肌のために

女性にとって、化粧品は欠かせないものです。
化粧品と言っても、化粧水や乳液などの基礎化粧品、外出する際にする化粧品があります。
その中でもファンデーションは、毛穴を隠したり肌の色を明るくしたり、化粧をする上でベースになってきます。
最近では、塗るだけで化粧下地・ファンデーション・仕上げのパウダー効果があるオールインワンタイプというのも人気が出てきています。
オールインワンタイプであれば、忙しい朝でも簡単に化粧をすることが出来ます。
新しい化粧品はどんどん発売される一方で、敏感肌の人は使うと荒れてしまうという女性が増えています。
特に冬場だと乾燥が進み、敏感になりやすくなっていて、冬場になって急に合わなくなる人もいます。
肌が荒れないためにも、敏感肌の人は、購入のときにしっかりと見極めて選ばなければなりません。

敏感肌の人だと、何も付けないほうが肌に負担がないのではないかと思いがちですが、それは間違いです。
毎日地球には、夏でも冬でも紫外線が降り注いでいます。
塗ることが負担になっていることもありますが、何も付けないことのほうが負担なのです。
少しでもいいから、付けることで紫外線から肌を守ることが出来ます。
リキッドタイプやパウダータイプと種類豊富ですが、敏感肌の人はパウダータイプが良いでしょう。
中でも紫外線対策に適したUVカット率が高いものを選びましょう。

化粧水や乳液など肌を整えたあとにぬる化粧下地というものがありますが、敏感肌の人は塗ってはいけません。
なぜなら、化粧下地には油分が多いためです。
化粧下地は、ファンデーションの持ちを良くするためのものなので油分が多く含まれています。
敏感肌の人は化粧下地を付けずに、保湿効果の高い美容液などをぬりましょう。
化粧崩れの主な原因が乾燥によるものなので、しっかりと化粧前に保湿を心がければ崩れる心配はありません。